北海道 水無海浜温泉と駒が岳登山

 

昨日の台風はどこへやら。

快晴でございます。

 

 

 

 

 

 

朝食を食べ過ぎたお腹を抱えて、レンタカーで海辺の天然露天風呂「水無海浜温泉」へ向かいます。

 

10月上旬、早くも葉っぱがほんのりと色づき始めた山道のドライブは爽快!

 

 

 

 

 

 

函館市内から約1時間30分ほどで到着しました。

 

 

 

 

 

 

干潮時しか入れないので、函館市のサイトで入浴可能時間を確認してからお出かけくださいね。

 

・水着着用OK

・更衣室あり

・トイレあり

・シャワー無し

・売店無し

 

更衣室にロッカーはないけど、着替えができる場所があるだけ有り難い。

 

 

 

 

 

 

太平洋を眺めながら入る温泉。

 

 

 

 

 

 

良いんでしょうか?こんな贅沢。

 

 

 

 

 

 

石には藻が付いていて、ぬるぬると滑るので、滑り止めのある靴下を履いて温泉に入りました。

滑って足を怪我している女性がいたので、気を付けてください。

 

シャワーがないので、朝ホテルでペットボトルにお湯を入れて持って行きました。

なんて準備万端な私達!

朝っぱらから、極楽な時間を過ごしました。

 

さて、サクサクと着替えて、これから駒が岳に登りに行きます。

(元気だな)

 

 

 



 

 

 

水無海浜温泉から駒が岳6合目駐車場までは、約1時間40分。

午後3時には下山しなければならない規定があるので、あまりのんびりしてはいられない。

 

おっ、駒が岳が見えてきました。

 

 

 

 

 

 

車のナビでは6合目駐車場が表示されなかったので、iPАDでルート検索をしたら…

グーグル先生が「この道を行け!」と。

 

 

 

 

 

 

マジか?

これはまさかのケモノ道!?

 

 

 

 

 

 

「ここで合ってる?」

「この先に駐車場があるのかな?」

 

ふっ、ある訳がない。

 

正しいルートは、5号と43号と149号が交わる交差点を「駒が岳登山口」方向へ入る、です。

 

 

 

 

 

 

狭いながらも、ちゃんと舗装されています。

 

 

 

 

 

 

グーグル先生、お願いしますよ~~。

やっと六合目駐車場に到着しました。

 

 

 

 

 

 

活火山なので、万が一を考えてちゃんと入山届けを出します。

駐車場にはトイレあり(和式、トイレットペーパー無し)、売店なしです。

 

現在登山規制がかかっていて、手前の馬ノ背までしか行けません。

 

 

 

 

 

 

ひたすら登り坂が続くけど、しんどい時は立ち止まって振り返ると大沼が一望できて、また登る元気が出ます。

 

 

 

 

 

約1時間で到着!

 

 

 

 

 

 

もうお腹ぺこぺこ。

 

 

 

 

 

 

何しに登ったかって、函館名物の焼き鳥弁当をどうせなら山頂で食べようと思って。

 

 

 

 

 

 

「やきとり弁当」だけど、中身は豚肉。

なぜなんだぁーー?

まあ、どっちでも良いです。美味しかったので。

 

お弁当食べて、コーヒーを飲んで、景色を見たので下山します。

 

 

 

 

 

 

石ころや砂利が多いので、トレッキングシューズをお奨めします。

この辺りでは薬用キノコが採れるらしく、キノコ採りに来ている地元の人がチラホラいました。

 

下山後は、有名な「沼の家」でお団子のおやつ。

 

 

 

 

 

 

ゴマとみたらし、あんことみたらしの2種類あるので、もちろん両方買いました。

 

 

 

 

 

 

山へ登って体力を使った後は、お団子がお腹に染み渡るぅ~。

 

ドライブして、海辺の温泉に入って、名物の焼き鳥弁当を駒が岳山頂で食べた、充実の一日でした。