白川郷 女子旅

2019年 2月

 

 

金沢から白川郷へは、北陸鉄道のバスが金沢駅から運航しています。

 

…が、しかし、予想外に雪がなかったので、急遽バスの予約をキャンセルして、レンタカーを借りました。

 

金沢市から約1時間で、白川郷に到着。

駐車場からは、この橋を渡ります。

 

 

 

 

まずはシャトルバスに乗って、展望台へ。

全体的には、ほんのりと雪景色。

 

 

 

 

でも、違う。

見たかったのは、合掌造りの屋根にどっさりの雪景色。

雪が少ない代わりに、観光客も少ない展望台でした。

 

帰りは郷を眺めながら、坂道をテクテクと。

まるでジオラマみたいな、展望台とは違う風景も楽しめました。

 

 

 

 

他には、案山子とか

 

 

 

 

白川郷を代表する風景とか

(白川八幡神社や、どぶろく祭の館を通り過ぎた先)

 

 

 

 

 

和田家の合掌造りの中を見学したけど、2時間もあれば十分でした。

 

 

 

 



 

 

ランチは白川郷から車で5分の「てんから」で

 

 

 

 

 

飛騨牛のひつまぶし。

 

 

 

 

もっと飛騨牛をのせてください。

 

 

もしバスで行ってたら、かなり時間を持て余したに違いない。

怪我の功名ならぬ、雪の功名です。

 

レンタカーなので、このままもう一つの世界遺産、五箇山へも行ってみました。

 

まずは、菅沼合掌造り集落

 

シ―――――ン

 

人っ子一人いない。

観光客が多いのもうんざりするけど、誰一人いない観光地というのも、もの寂しい感じがします。

 

 

 

 

続いて、相倉合掌造り集落。

良かった、人がいる。(ほっ)

 

 

 

 

小さい集落なので、15分ほどで見学終了。

人が入っていない風景の写真を撮りたい人には、良いかも。

 

一度行けば十分な、白川郷と五箇山でした。

 

 

しかし、その帰り道に予想外の出来事が!

特別天然記念物のニホンカモシカに遭遇。

 

 

(参考)

 

東海北陸自動車道の富山県南砺市、城端トンネルを出た付近です。

 

 

 

 

旅行って、最後まで気が抜けないですね。

 

白川郷より、一瞬見えただけのニホンカモシカの印象が強い一日でした。