地中海クルーズ (コトル)

 

次の寄港地は、モンテネグロのコトルです。

 

どこ? それ。

ええ、そうでしょうとも。

家族も「どこ?」って言いましたから。

 

旧ユーゴスラビアで、アドリア海を挟んだイタリアの反対側、クロアチアの下辺りにあります。

 

 

 

 

 

 

で、そこには何があるの?

 

ワタクシ調べましたところ、ヨーロッパ最南端のフィヨルドがあり、「アドリア海の秘宝」と呼ばれる、城塞港湾都市で世界遺産に指定されてるとか。

そして山の中腹には15世紀に建てられた救世処女教会があり、山頂の城壁からは絶景が臨めるらしい。

 

何だか、期待できそう。

 

入港時のフィヨルドも見たいが、ランチも食べたかったので、ビュッフェレストランからさっさと取って来て、バルコニーで食べながら

 

 

 

 

 

 

フィヨルドの風景を堪能しました。

きれい…

 

 

 

 

 

 

小さな島に建てられた教会と修道院も見えます。

 

 

 

 

 

 

下船後、山の城壁を目指して旧市街を歩いて行くと、まずはロマネスク様式の聖ルカ教会。

 

 

 

 

 

 

そこを通り過ぎて北門を入って

 

 

 

 

 

 

少し行くと料金所があります。

 

 

 

 

 

 

この機械、壊れてる?

…と思ったら、この横の小屋に係の男性がいました。

8ユーロ払って、上へ上へと登って行きます。

 

少し上がっただけでもこの風景。

ちょっとお隣のドブロブニクと似てる気がします。

 

 

 

 

 

 

でも、まだまだ登るよ!

 

降りて来る人から、「後1,000段よ、頑張って!」と声をかけられました。

実際に1,300~1,400段もあるらしい。

筋肉痛は必須かな。

 

 

 

 

 

 

道沿いには色々な花が咲いていて、癒されます。

 

 

 

 

 

 

登り始めて15分くらいで、教会に到着しました。

15世紀に建てられたせっかくの教会だけど、中のお土産屋さんはいらない。

 

 

 

 

 

 

さらに進んで行くと、先ほどの教会の屋根を見下ろしながら、コトル市街を一望できて

 

 

 

 

 

 

港に接岸している私達の船も良く見える。

 

 

 

 

 

 

頂上の城壁まで、もうちょっと。

 

 

 

 

 

 

登り始めて、50分~1時間ほどで着きました!

 

 

 

 

 

 

三角形の旧市街地が箱庭みたい。

 

 

 

 

 

 

登って来た九十九折りの道。

 

 

 

 

 

 

ここからだと、深く湾入したフィヨルドの様子もハッキリ見えますね。

向こうの方に雨雲が出てきた。

やばいなぁ~

 

 

 

 

 

 

風が出てきて、モンテネグロの旗がはためく。

そして雨。。。ベネチアに続いて今日もか…

 

 

 

 

 

 

さっさと下山しなきゃ。

まあでも、下りなんで楽々早いです。

 

 

 



 

 

 

登る時に入ってきた門をくぐると

 

 

 

 

 

 

可愛い旧市街。

 

 

 

 

 

 

コトルは猫の街と言われているらしく、いたる所に生きてる猫や作りものの猫がいます。

 

 

 

 

 

 

もっとゆっくり見たかった、聖トリプン大聖堂や

 

 

 

 

 

 

今は海洋博物館になっている、バロック様式の館のグルグリナ宮殿。

 

 

 

 

 

 

雨さえ降ってこなければ、中央広場のカフェでもゆっくりしたいところだけど、傘がベネチアで壊れたので、さっさと船に帰ります。

 

 

 

 

 

 

旧市街の正門から出ると

 

 

 

 

 

 

両側は旧市街をぐるりと囲む城壁

 

 

 

 

 

 

さっきまでいた山がすっぽり雨雲に覆われてて、ギリギリセーフ!

山頂から絶景が見れて良かった。

 

 

 

 

 

 

リサーチ通り、コトルは中世の面影を残す素敵な街でした。

 

 

 

 

 

 

クルーズ船主催のオプショナルツアーに参加した人は、雨が降ってきて寒くなり、帰りたくてもスケジュール通りに催行されるので、濡れて寒くて大変だったそうです。

個人で行くと、天気や都合に合わせて臨機応変に行動できるのが良いわ。

 

 

明日はどこにも寄港しない終日航海日なので、クルーズをめいっぱい楽しみます!