柏島 (高知県)

 

2018年7月

 

高知県大月町の柏島は、イタリアのランぺドゥーザ島のように、あまりの透明度に船が空に浮いて見えるらしい。

そう聞いたので、岡山から瀬戸大橋を渡って高知県の柏島まで行って来ました。

 

 

 

 

 

 

お遍路さんを見かけると、四国に来たって感じがします。

 

 

 

 

 

 

約6時間のドライブの末、辿りついた柏島は…

 

 

 

 

 

 

雨が降ったり曇ったりのあいにくの天気で、全然船が浮いて見えない。

それでもさすがの透明度なので、海に入ってみると…

 

 

 

ソラスズメダイ、カゴカキダイ、ハリセンボン、オヤビッチャなどと一緒に、美味しそうなイカやチヌ、ボラなどがいました。

 

 

 

(参考)

 

 

 

岩が多くて牡蠣がついていたり、ガンガゼ(ウニ)がいるので、泳ぐ際にはウェットスーツやラッシュガード、グローブ、ウォーターシューズの着用がお奨めです。

 

 

船が浮いて見えなかったけど、海はそれなりに楽しめたので良しとしよう。

 

シャワーをお借りしたダイビングショップ前の桟橋から海を覗くと、先ほど泳いだ橋の下よりもたくさんの熱帯魚や珊瑚が見えました。

できるものなら、ここで泳ぎたい!

と思うけど、遊泳禁止区域だし港なので残念。

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、近くにある観音岩に行ってみます。

道路脇に車を停めて、遊歩道を登った展望台から、碧い海と白い飛沫に囲まれた岩が見えます。

 

観音様だと思ってみれば、見えないこともない。

 

 

 

 

 

 



 

 

 

翌朝・・・

起きると晴れてる。(^o^)丿

しかも豪雨の影響で、遊泳禁止になっていた白浜ビーチがこの日から解禁するらしい。

これはもう、行くしかないしょう。

 

白浜ビーチに近い駐車場は4~5台ほどの駐車スペースしかないので、

もしいっぱいだったら、橋の近くの駐車場から頑張って歩いてください。

 

 

でも行く価値があると思います。

どう?どう? この目が覚めるような美しさ!!

 

 

 

 

 

 

マリンブルーの透明な海!

 

 

 

 

 

 

安心して泳げる砂浜。

 

 

 

 

 

 

小さな子供でも安心です。

ただし日陰がないので、テントやパラソルは必須です。

 

海に向かって右手の岩場沿いをグルッと岩に沿って泳いで行くと、クマノミや、べラ、ルリスズメダイ、オヤビッチャなどがいました。

友人はウツボを見たそうです。

 

 

 

(参考)

 

 

この日は天気が良かったので、昨日泳いだ橋へ行ってみると

 

 

 

 

 

 

みごとなエメラルド色!

これはこれで素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

シュノーケルをしていたら、あっと言うに時間が過ぎてしまいました。

前日に泊った宿毛リゾート椰子の湯の温泉(日帰り可)で、汗と潮を流して帰ります。

 

 

お土産は、道の駅「ふれあいパーク・大月」で買ったマグロとブリ。

めちゃ安くて美味しい、最高のお土産でした。

クーラーボックスは必須!

 

 

 

 

 

幻想的な、黄昏時のしまなみ海道を通って帰ります。

柏島へ行く時は、シュノーケル、パラソル(またはテント)、お土産用のクーラーボックス、お弁当持参がお勧めです。