北海道 釧路~硫黄山~摩周湖~神の子池~知床五湖

2018年8月

 

 

釧路空港でレンタカーを借りて、寄り道しながら知床へ向かいます。

 

最初の寄り道は硫黄山。

地面がほんのりと黄色くなってる部分があります。

 

 

 

 

硫黄の臭いがすごい。

はい、次!

 

硫黄山からすぐの摩周湖。

第三展望台からの眺めは

 

 

 

 

想像以上に素晴らしい。

写真で、摩周湖のサファイヤブルーをお伝えできないのが残念です。

是非、実際に行ってご自身の目でお確かめください。

 

第二展望台から、第三展望台を見るとこんな感じ

 

 

 

 

そして第一展望台からの眺め

 

 

 

 

この中では、第三展望台がイチ推しです!

写真では、最高に心地良い風もお伝え出来ないのが残念です。

 

北海道らしい風景を通り過ぎながら、次は神の子池を目指します。

 

 

 

 

途中から2Kmほど、この駐車場みたいな砂利道を進むので、気を付けて運転してくださいね。

 

 

 

 

車を降りると、アブみたいな? 蠅のような? 何かよく分からない虫がブンブン飛んでいました。

ひゃ~~

 

それを手で払いながら少し歩いて行くと、見えてきました。

 

 

 

 

神の湖(摩周湖)の伏流水からできた池なので、神の子池と名前がついたようです。

なるほど。

 

 

 

 

目の覚めるようなクリアブルー!

プリトヴッツェの超小型版と言った感じで、一回りしても10分あれば十分です。

 

 

さて、いよいよ知床へ。

道沿いには、ビックリするほどお店もガソリンスタンドも何もありません。

予め、飲み物や食べ物をゲットしておいてください。

 

 

 

 

空港でサンドイッチを買っておいて良かったです。

 

 

 



 

 

 

夕方に、ホテルに到着しました。

翌日の知床五湖に備えて、早目に寝ます。

 

 

翌日

 

ヒグマの繁殖期の終わった8月に入ると、10分ほどのレクチャーを受けるだけで五湖の大ループを個人で歩けます。

 

ホテルのスタッフに「フィールドハウスへ行く道は動物に会える確率が高いので、車で行かれた方が良いですよ。」とアドバイスを頂いたので、ホテル前からのバスじゃなく、レンタカーでフィールドハウスへ行きました。

 

五湖散策の後はカムイワッカの滝に行く予定だけど、フィールドハウスではカムイワッカ行きのバスに乗車できません。(降車のみ)

 

カムイワッカへは一般車両進入禁止の時期なので、フィールドハウスに車を駐車して五湖を歩き、知床自然センターまで戻ってそこに駐車して、バスでカムイワッカに行きました。

 

 

 

 

本当に野生動物と遇えるかな?

鹿がいました。エゾシカが道路脇でのんびりと草を食べてます。

 

 

 

 

その後、まさかのヒグマ!! 

 

 

 

 

しかも子連れ。

 

 

 

 

車に乗ってて良かった。

これ、歩いてる時に遭遇したら相当怖い。

 

車を停めて写真を撮ってると、すぐにパトロール車が来て山へ追い払ってたので、よほどタイミングが良かったんだと思います。

ホテルのスタッフ、有難うぅぅぅ。

 

興奮冷めやらないうちに、フィールドハウスに到着。

まだ8時頃だったので、駐車場もレクチャーも空いてます。

 

黄色の小ループと緑色の大ループがあるけど、大ループの方を歩きます。

 

 

 

 

レクチャーを受けて五湖巡りスタート。

 

 

 

 

まず、五湖

 

 

 

 

湖面に映る風景もキレイです。

 

 

四湖

 

 

 

 

虫除けスプレーを持って行ったけど、全く不要。

 

 

三湖

 

 

 

 

聞こえるのは、時々鳴く鳥の声くらい。

 

 

二湖

 

 

 

 

知床連峰が見える絶好のポイントだけど、雲がかかってて残念!

 

 

一湖

 

 

 

 

日本じゃないみたい。

 

高架へ上がるドアの所で終了。

 

 

 

 

時間が無ければ、この高架木道だけでも知床を味わえるけど

 

 

 

 

ここまで来て、それだけでは勿体ない気がします。

出来れば是非、五湖の散歩を楽しんでください。

 

 

おやつは、果敢に自然センターの鹿肉バーガーと攻めてみました。

 

 

 

 

ジビエが好きなので美味しく頂きましたが、少し獣の臭いがしました。

これも経験と思うか、そんなの食べないと思うかは、人ぞれぞれですね。

 

 

午後からはカムワッカの湯の滝に行きます。

(続く)