北海道 万惣(湯の川温泉)

 

函館から車で15分、湯の川温泉の万惣です。

 

 

 

 

 

 

ロビー横には、暖炉のある落ち着いた感じのラウンジ。

 

 

 

 

 

 

今のところは、良い感じです。

 

3人なので、デラックスツインにエキストラベッドを入れて

 

 

 

 

 

 

ん?なんか狭くない?

 

ベランダ付きのはずがベランダが無い。

ホテルに聞いてみると、「確認します」との事。

しばらく待たされたあげく、デラックスじゃなく普通のツインだったことが判明しました。

 

デラックスツインはと言うと、

 

 

 

 

 

 

公式サイトによると、スーペリアツインは26.8㎡、デラックスツインは36.7~31.6㎡となっているので、少しは広くなったと思いたいけど…

 

あまり変わらない。

 

トイレも狭め。

 

 

 

 

 

 

温泉の大浴場があるので、部屋にはシャワーのみ。

 

 

 

 

 

 

予約通りの部屋が決まるまでにかなり待たされたので、いまいちテンションが上がらないけど、気を取り直して温泉へGo!

 

 

 

 

 

 

清潔感のある脱衣所。

ロッカーとは別に貴重品用ロッカーがあるので、貴重品は必ずそちらに入れてください。

(ここだけの話ですが、一つのカギで他のロッカーを開けることが出来ました。防犯は大丈夫か?)

 

 

 

 

 

 

人が少なく、広々としたお風呂に入るのは気持ち良い~~

 

 

 

(公式サイトより)

 

 

 

お風呂あがりには、フリードンリンクのあるラウンジでクールダウンできます。

はぁ~極楽。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

温泉に入った後は、バイキングの夕食。

カニ ≧[゚ ゚]≦

 

 

 

 

 

 

には目もくれず、お寿司カウンターへまっしぐら。

 

 

 

 

 

 

今日のお奨めは「マグロとアジ」という事で、それをお願いしました。

 

マグロで有名な大間は、函館と津軽海峡をはさんだ向こう側。

つまり大間のマグロも、函館のマグロも同じなんです。

 

 

 

 

 

 

他にも、函館名物の塩ラーメンやスープカレー、松前漬にカニの鉄砲汁、鉄板焼きに天ぷら。

とても全てを食べきれません。

 

そして翌朝、あんなにお腹いっぱい食べたのに、朝食までどんどん食べられるって、どーなの?

 

勝手丼に

 

 

 

 

 

 

たくさんの種類のパン

 

 

 

 

 

 

朝っぱらからステーキまであります。

 

 

 

 

 

 

いくらなんでもステーキは無理なので、野菜多めで頂きま~す。

 

 

 

 

 

 

お部屋が狭いのが難点だけど、それ以外はお値段相応じゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

この通り、ホテルからの眺めはさっぱりだけど、その分お食事に力を入れてるようです。

花より団子派には良いんじゃないでしょうか?

 

帰りには、お部屋を間違えたお詫びにお土産を頂いて、あっさり許した私達でした。