地中海クルーズ (下船&バーリ)

 

このクルーズ最後の晩餐は、スモークサーモンに始まり

 

 

 

 

 

 

タルトタタンで〆る。

このクルーズスタッフ、密かに私の大好物を調べてたのか!?

 

 

 

 

 

 

 

この眺めとも明日でお別れ、淋しいな~

 

 

 

 

 

 

私達のテーブル担当のスタッフに「明日下船するのよ。色々有難う。」と言ったら、

「えぇーー、そりゃ残念だ。クルーズは楽しんでもらえた?」とハグ。

 

 

 

 

 

これだけのお皿を持ったまま、ハグ。

お皿は微動だにせず。

 

これぞプロフェッショナルの技!

 

 

他にもレストランのマネージャーさんやエアロビやダンスのトレーナーさんなど、お世話になった人に下船のご挨拶をしていると、もう降りるんだなぁと、実感してきました。

 

 

下船当日。

朝日が黄金色に輝いてる。

 

 

 

 

 

 

バーリ港が見えてきました。

 

 

 

 

 

 

1泊につき10ユーロの定額チップや、船内で使ったお金はクレジットカードからの引き落としなので、何も手続きは必要なし。

 

部屋のランク順に下船したら、昨夜のうちに部屋の外に出しておいた荷物をピックアップして

 

 

 

 

 

 

港で待機しているタクシーを拾って、バーリ駅に向かいます。

 

 

 

 

 

 

バーリ駅のホーム、一番左手にある荷物預かり所はこのマークが目印。

 

 

 

 

 

 

最初の5時間は1個6ユーロ、以降1時間ごとに1ユーロ。

料金より何より、預かってもらえる事が有り難い。

 

 

大きな荷物を預けて身軽になったので、旧市街へ向かって歩きます。

 

 

 

 

 

 

さすがは州都、立派な街だわ。

 

 

 

 

 

 

新市街とは雰囲気の違う旧市街

 

 

 

 

 

 

歴史を感じます。

 

 

 

 

 

 

路地にひしめくお土産屋さん

 

 

 

 

 

 

未来のサッカー選手かも

 

 

 

 

 

 

ビックリしている、聖人サン・ニコラ

 

 

 

 

 

 

ここバーリではサン・ニコラ、つまりサンタクロースなんですが、このサン・ニコラ聖堂の地下におよそ60%の遺骨が納められているそうです。

 

 

 

 

 

 

日本じゃクリスマスだけのサンタクロースだけど、以前行ったトルコにもサンタクロースの教会があったし、ヨーロッパではものすごい信仰の対象になってます。

 

 

ひっそりと佇む旧市街の街角

 

 

 

 

 

 

城壁の向こうは海。

 

 

 

 

 

 

住宅の中に、突然遺跡があったり

 

 

 

 

 

 

教会もあって

 

 

 

 

 

 

なかなか楽しい。

 

城壁の上に上がると、爽快感が気持ち良くて

 

 

 

 

 

 

バーリの海岸線をぐるっと見渡せます。

 

 

 

 

 

 

そんなバーリでのお買い物は、「Nico」という名前の、たまたま入ったチーズ屋さんで。

 

 

 

 

 

 

何たって品揃えがすごい!

地元のお客さんはサンドイッチを作ってもらってたから、きっと美味しいんだろうな。

 

 

 

 

 

 

チーズを真空パックにしてくれるよう頼んだので、娘からのリクエスト「ブッラ―タ」を日本に持ち帰る事ができました。

良かった~~

 

ブッラ―タとは…

賞味期限がたったの24時間しかない、イタリア南部のフレッシュチーズ。

 

日本まで持って帰るのは難しいな~と思ってたけど、お陰でバッチリ持ち帰れました。

 

中身は食べてしまったので、包み紙だけ写すという、ブロガ―にあるまじき所業。

 

 

 

 

 

 

他にも、パルミジャーノレッジャーノ、カチョカバロ、ペコリーノにブルーをどっさりと。

日本じゃ高すぎて、とてもじゃないけどこんなに買えない。

 

良いお土産になりました。

ここでタイムリミット。

 

実はこの日の午前中は、ローカル列車でポリニャ―ノアマーレに行って来たので、バーリ観光はこれが精一杯。

その時の記事はこちらにアップしています。

 

後ろ髪を引かれつつ、預けた荷物をピックアップして空港へ。

 

 

 



 

 

 

空港行きの電車は、国鉄バーリ駅とは別の駅から出てるので注意が必要です。

国鉄の駅を背に、左手にある建物が私鉄の駅。

イタリア語でバーリ北部鉄道と書かれてます。

 

 

 

 

 

 

電車を待ってたら、手ぶらの怪しげな男性が友人の後ろで立ち止まったので

「リュックを前にした方が良いよ」と注意したら、怪しげな男性はどこかへ行ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

空港行きの電車に乗るのに、手ぶらでホームを行ったり来たり。

怪し過ぎるだろう。

行かれる方、気を付けてください。

 

バーリ空港へは15分~20分くらい。

近いです。

 

バーリは小さな空港で

 

 

 

 

 

 

空港ラウンジは10席ほどしかなく、先に入った出張中だという日本人男性が「満席で座るところがない」と出て来られました。

バーリのラウンジに期待はしない方が良いみたいです。

 

 

バーリからミュンヘンまでは、初めてのエアドロミテ。

ANAのチケットだけど、同じスターアライアンスのルフトハンザとの共同運航便なのでエアドロミテ。

 

 

 

 

 

 

非常口席だったので、足元は広かったけど

 

 

 

 

 

 

機内で出た、軽食のサンドイッチが 激マズ 口に合いませんでした。

 

 

 

 

 

 

まあ、ミュンヘンまでは1時間ちょっとなので問題なしです。

 

 

 

ツアーに参加しなくても、寄港地=観光地なので、下調べさえしておけば個人で回れました。

船内ではネットが使えない(高額)なので、いざという時のために、辞書を持って行けば問題なく個人で行けると思います。

英語かイタリアがペラペラな人は、より自信を持って行けます。

 

考えてたよりも気軽に行けた初クルーズ。

もし陸路だったら、同じ日数で3ヶ国、6ヶ所の観光地を回るのはたぶん無理。

 

朝食はともかく、ランチやディナーをどこで食べよう、何を食べようから始まって、それぞれの観光地のホテルを予約して、飛行機や列車、フェリーも予約して…と考えたら、クルーズの予約1つで全てが完了するので、とってもお手軽でした。

 

出合った美しい景色、楽しい人達、美味しいもの、たくさんの経験、全てに感謝です。