沖縄 スパリゾートエグゼス(Okinawa Spa Resort EXES)

恩納村にある、Okinawa Spa Resort EXES。

ネットでは高評価のホテルです。 

 

 

 

 

 

玄関に車を停めると、スタッフが駐車場へ持って行ってくれるエントランスサービスあり。

レセプションフロアは、どこかのお金持ち宅のリビングみたい。

 

 

 

 

 

 

 

8Fのエグゼクティブフロアは、ルームキーがないとボタンが押せないようになってて、エレベーターを降りるとラウンジがある。

コーヒー・紅茶と、冷蔵庫にはお酒を含む各種ドリンクあり。

 

 

 

 

 

 

おつまみやチョコレートもあるけど

 

 

 

 

 

 

少ない。 (←こらっ!)

 

 

 

59.10㎡の、ゆったりしたお部屋。

 

 

 

 

 

 

ちょっと物を取りに行くのが、遠いのなんのって。

 

硬過ぎず、柔らか過ぎず、ちょうど良いベッド。

 

 

 

 

 

 

畳のリビングは珍しい。

 

 

 

 

 

 

ライティングディスクがあるけど、ここに来てまで誰が仕事をすると言うんだろう?

チェアはオットマン付き。

 

 

 

 

 

 

バスの向こうはシャワールーム。

 

 

 

 

 

 

どんな備品より、シャワールームにあったスタンド型の洗濯物干しが一番役に立ちました。

部屋にそぐわなくても、必需品をちゃんと置いてくれてるあたり、主婦のツボを分かってるわ。

 

 

アメニティは、ブルガリやロクシタンなどから好きな物を選べます。

おいっ! 広すぎるだろう、と突っ込みたくなる洗面台。

 

 

 

 

 

ベランダには座り心地の良いソファー

 

 

 

 

 

 

室内の窓辺にもソファーコーナー

 

 

 

 

 

 

貧乏人の性と申しましょうか、これだけのイスがあるのに、結局座ったのはベッドの上。

スタンダードルームで良かったんじゃね?

 

夕食はホテル内のレストラン、「天」で。

 

 

 

 

 

 

午後7時。

ちょうど夕日の時間。

 

 

 

 

 

 

前菜のカルパッチョは柑橘ソースでさっぱり。

 

 

 

 

 

 

ビーツのビシソワーズとクレソンのカプチーノ

トンデモな色だけど、これめちゃ美味しいスープだった。

 

 

 

 

 

 

金目鯛のポワレ

これは、うーーんイマイチ。(←何様?)

 

 

 

 

 

豚バラ肉のビール煮とアグー豚のグリエ

グリエはいらないから、ビール煮の方をもっとください。

絶品でした。

 

 

 

 

 

 

デセールは、パイナップルのミルフィーユ とピニャコラーダのソルベ

 

 

 

 

 

 

これにパンとコーヒーが付きます。

もうお腹がはち切れそう。

胃袋が4つある牛になりたい。。。

 

 

昼間は慶良間に行って疲れたので、満腹のまま就寝。

やばいよ。

 

 

 



 

 

 

朝起きて、これまた「天」で、沖縄料理や

 

 

 

 

 

 

スぺシャリテのパンケーキやフレンチトーストに、黒糖バターをたっぷりつけた朝食を

 

 

 

 

 

思いっきり食べました。

 

はっ! 

これじゃいけない、カロリーを消費せねば!!

お部屋にはパジャマ、バスローブの他にもプール用のパーカーが用意されているので、水着の上に羽織って行けて便利です。

 

そんな、あっぱれな心がけでプールに行き

 

 

 

 

 

 

泳がずにジャグジーでまったり。

 

 

 

 

 

 

カロリーを全く消費しておりません。

 

ええ、もう良いんです。

明日から痩せます。(ダイエットの常套句)

 

 

さすがは好評価されるホテルだけのことはあって、快適な滞在ができました。

 

 

 

 

 

 

8時頃に朝食を食べに行ったら、かなりの人数が待ってました。

そんなには待たなくても案内してもらえましたが、待つのがイヤな人はルームサービスの朝食にしても良いかも。

 

 

 

 

 

 

チェックアウトタイムの11時。

数組とレセプションでかち合いました。

 

ギリギリまでホテルでのんびりしたいと、考える事はみんな一緒みたいです。

それほど、良かったって事ですね。