湯原温泉 湯の蔵つるや

露天風呂番付では「西の横綱」と言われている湯原温泉でござます。

この温泉の湯質が好きで時々来ますが、お泊りは初めて!

期待満々です。

向いにある町営駐車場が、つるやさんの指定駐車場になっています。

玄関の鶴の暖簾は風情があって誠によろしい感じですが、何?あのピンクの鯉のぼり。

玄関を入ると、ロビー? フロント? お座敷? みたいな微妙な空間。

元・酒蔵だったらしく、ウエルカムドリンクは日本酒

飲めない私は「お茶をいただけますか?」とリクエストして美味しいお茶をいただきました。

美味しかったんですが、じゃ、すぐ側にあった茶釜は何のため?

VIP用なのか、ただのインテリアなのか?

案内されて部屋に入ると、ビックリ! もう布団が敷かれてる。

まだ4時だよ、4時!!

幼稚園児だって寝ないわ。

荷物を置いて、お茶とお菓子で一服。

それから一風呂浴びて、お待ちかねの夕食。

夕食を食べて部屋に戻ると、布団が敷かれてる。

普通はそんな感じなんじゃないでしょうか?

おとなしい私たちは文句も言わず、隅っこに片付けられた座卓でお茶をすすって、おもむろにお風呂へと行きました。

ちなみに温泉にタオルはないので、お部屋のを持って行かなければなりません。

濡れたタオルを部屋に干して、またそれを使うって、かなりテンション下がります。

ええ、私たちはおとなしいので、文句は言いませんが。

「ゆ」の暖簾をくぐると

ザル

一応脱衣所なんですが、ザル。

もしここが安来市だったら、ドジョウすくいの練習場かと思っちゃうよ。

そしてこれだけのザルがあるにもかかわらず、ドレッサーのシンクはたったの2つ。

ドライヤーにいたっては、まさかの1つ。

もう呆れる笑うしかない。

気を取り直して、内湯

もう一つの内湯

露天風呂

湯質は良いのよ、湯質は。

でもね、なんで温泉に来るかって、ゆったりと温泉に浸かって、のんびりしたいから。

はっきり言わせてもらうと

「のんびり浸かっていられないほどの熱い温泉なんぞに、用はない!」

元・酒蔵なので、夕方の、ホテルだとハッピーアワーにあたる時間に、ここつるやでは利き酒ができます。

飲めないので、またもやお茶をすする私。

・・・っとまあ、こんな感じでまったりしてから、夕食をいただきに行きます。

食事はグループごとの個室で、コロナ対策はバッチリ!

おっと、ここにきて初めて褒めたわ。

可もなく不可もない。

と思ったら、最後の栗ご飯の栗に渋皮がついたまま。

えっーーー、これ食べれるのぉ?

恐る恐る食べてみたら

ペッ!

おとなしい私たちだけど、ちょっと一言言わせてもらおう。

私   「栗に渋皮がついたままなのは、何か訳があるんですか?」(あくまで控えめ ww)

仲居さん「どうやら、それは “まかない” だったみたいで、いっぱいあったから出してしまいました。」

マジですか~~~ ゆる過ぎるだろう。

・・・

仲居さん「ちょっと食べてみました」

私たち 「どうでした?」

仲居さん「あれ(渋皮)は、食べられませんね。」

 

大笑い

すでにここまでのお料理でお腹いっぱいだったので、良いんですけどね。

この仲居さんがとても楽しい人だったので、良い夕食タイムになりました。

その後、腹ごなしにダムの近くの露天風呂(混浴)まで散歩がてら歩いて行くと、数人の男性が露天風呂に浸かってたので、すぐさまUターン。

男女共に、水着着用で入れるようになれば良いのに。

そして翌日の朝食

可もなく不可もなし。

お味噌汁が鍋風なのは、冷めないので良かったです。(褒めポイント)


今回はGOTOキャンペーンと、岡山県民限定クーポンを利用したので、かなりお得感がありました。

定価だと、う~~ん。

次は日帰りで来ようと思います。