マレーシア コタバル

2015年 5月

 

マレーシアとタイ国境の街、コタバル。

プルフンティアン島へは、ココが最寄りの空港になります。

15年ぶりくらいに行って来ました。

 

プルフンティアン島への行き方

 

関空  (飛行機)⇒ クアラルンプール (飛行機)⇒ コタバル

コタバル (タクシー) ⇒  クアラブス (ボート) ⇒  プルフンティアン島

 

関空からマレーシア航空でクアラルンプール、乗り換えてコタバルへ。

 

 

 

最前列でゆったりと。

サービス、機内食、シート、全て満足とはいかないけど、不満もなし。

 

 

 

マレーシア航空利用の場合、機内食(昼食)を食べてから、コタバル到着の21:30頃まで、微妙~に食いっぱぐれます。

 

ビジネスクラスなら、ラウンジにカレーやスナック類あり。

エコノミークラスなら、日本でおにぎりや軽食を買っておいて、トランジットの待ち時間にのんびり食べるのがお勧め。

 

 

コタバル空港へは、友人が迎えに来てくれました。

タクシーを使うなら、空港でタクシーチケットを売っているので、ぼったくられる心配がなくて安心です。

 

コタバルではルネッサンスホテルに1泊。

 

 

この部屋、1泊朝食付きで¥8,000(2人分)くらい。

安っ!

 

 

 

この料金なのに、すごい品数の朝食。

 

 

しかも隣がスーパーなので、お水やおやつを買えて便利です。

 

 

 



 

 

 

夕食は友人家族と一緒に、街中にあるハラル(イスラム教用)の中華レストラン サンツーレストランへ。

 

 

 

空心菜の炒め物、牛肉の炒め物、ソフトシェルクラブ、フカヒレスープetc…

 

 

5人分合計で¥4,000くらいで、どれも美味しい。

 

 

ノスタルジックな街並みも残ってます。

 

 

 

翌日、ホテルの前に停まってたタクシーの運転手と交渉して、市内で両替や買い物をしてからクアラブスまで、100リンギット(約¥2,700)で成立。

 

 

 

 

銀行やらスーパーやら、電器屋さんやらに寄ってもらいました。

 

 

 

 

クアラブスまでは、こんな田舎道を約1時間半のドライブ。

見所は、、、、ありません。w

 

 

 

 

そしてプルフンティアン島からの帰りも時間があったので、コタバルで食事と最後の買い物を。

 

空港から車で15分弱くらいの、 Four Seasons Restaurant

英語のメニューがあるので、安心して注文できます。

 

 

やっぱりココでも、フカヒレスープ。

量が多い! 安い! 美味しい!

ご飯を注文して、雑炊にして食べるのが我が家のお気に入り。

 

 

このレストランからセントラルマーケットまでは、車で5分。

マンゴーが8つくらいで¥500ほど。

タダみたいなもんですね。

できるものなら、スーツケースいっぱいに詰め込んで帰りたい。(>_<)

 

 

買い物のお勧めは、何と言っても紅茶とスパイス!

 

コタバルの友人に教えてもらった、スパイス・ティーにはまってます。

 

スパイス・ティーの作り方(1人分)

・牛乳(200ml)

・紅茶(ティースプーン山盛り1杯)

・カルダモン(1粒 割る)

・クロ―ブ(2粒)

・シナモン(1本)

これを煮立てて、濾す。

 

めっちゃ美味しいので、お試しください。

 

紅茶はBOHティー。

マレーシアのキャメロンハイランドで栽培される最高級紅茶なのに、安い。

 

 

お勧めのお土産です。

 

マレーシアは北へ行けば行くほど安いと言われていて、クアラルンプールに比べると、コタバルは本当に安いです。

プルフンティアンの行き帰りにちょっと寄って、フカヒレやマンゴーを食べて、スパイスやバティックや紅茶などの買い物をしてみてください。

きっと満足します。

 

ちなみにホテルや空港では英語が通じますが、タクシーの運転手さんや市場ではマレーシア語しか通じないので、行かれる人は頑張ってください。