休暇村瀬戸内東予

休暇村は全国に37ヶ所もあるというのに今まで行く機会がなく、やっと今回その機会に恵まれました。

しかも「また行きたい!」と思った、当たりの休暇村。

入るとすぐに窓ガラスを通して、瀬戸内海がウェルカム

お土産コーナーは充実の品揃え

泊まったのは、2020年3月にオープンしたばかりの新しい和洋室。

木の香りに癒される

通常の蛇口に加えて、ポットに入れる用の蛇口まで付いてる洗面所

ゆったりして落ち着きのあるトイレ

ソファーに座って外を眺めると

瀬戸内の絶景

ストレスのメーターがドンドン下がっていく気がする。

人間をダメにするクッションまで用意されているので

どんどんダメになっていく自分。

もうこのまま寝たい。

いやいや、せっかく来たので温泉にも入らねば!

この日は満室のはずなのに、ちっとも混んでない内湯と外湯。

公式サイトより

洗い場多数で、内湯からも露天風呂からも瀬戸内を一望できて、もう最高!

Googleより

ストレスメーター、ゼロになりましたっ!

その代わり、早朝に家を出て石鎚山に登り、ゆっくりと温泉に浸かったので、空腹メーターはMAXです。

夕食会場はテーブル同士が、これでもか!というほど離されてて安心感あり。

MAXな空腹を満たしてくれた夕食は「秋の最上位料理コース」

お刺身はこれで2人分。

4人分ありそうだけど、二人分。

食べきれない。。。

口の中で溶ける伊予牛。

高級魚、羽太のお鍋は出汁も身も最高級(写真なし)

今までに経験がないほど丁寧に骨切りされていたので、苦手な私でも美味しく食べられた鱧の天ぷら(写真なし)

かろうじて忘れずに撮った松茸と鱧の土瓶蒸し

締めは、鯛の冷や汁

あまりの美味しさに、お腹いっぱいなのに食べてしまう

これ、家で作れないかな? 作りたい!

振り切れそうなヘルスメーターと浴衣の帯。

しかも、食後のコーヒーはバイキング会場で自由に部屋に持ち帰れるサービスっぷり。

お腹も気持ちも満たされました。

コーヒーを持って部屋に戻り、人間をダメにするソファーでまったりと飲む

ここは人間をダメにするホテルかな?

昨日に引き続き、ダメ人間街道まっしぐら==⇒

昨夜の満腹からの、瀬戸内を眺めながらの朝食へ

公式サイトより

使い捨て手袋とマスク必須のビュッフェは、瀬戸内の美味しいものをたっぷり乗せた丼!でスタート

ふと見ると、初老の男性が手袋なしで取ってた。

スタッフ~~~そこは注意しようよ。

でもまあ、混み合うこともなく、まずまずの朝食でした。

少し休憩してからの温泉へ行き、ゆったり&まったりして、チェックアウト時間ギリギリにフロントへ行ったら

同じようなダメ人間が結構いた。ww

こんな休暇を過ごせるなら、来年も来たい!